前へ
次へ

離婚裁判時に弁護士に相談するメリット

離婚裁判とは、慰謝料、財産分与・子供の親権などを争いますが、確定判決が出てしまった場合、納得できない内容だとしても判決に従う必要があります。裁判で自分の主張を認めてもらう場合には、証拠が必要になりますが、証拠集めは容易なことではありません。どんな証拠だといいのか判断が容易ではありませんし、時間の経過とともに証拠が無くなってしまう可能性もあります。弁護士に相談すれば、過去の判例から導きされる、裁判官の心を強く捉えるような証拠の用意が期待できますよ。そのため、裁判での主張が認められるやすくなります。裁判では、相手型が準備書面にて主張(反論)してきます。その主張は相手型に有利になるものになり、見たくない内容が記載されることはそう珍しいことではありません。人によっては、相手型の主張により強いストレスを抱えてしまう人もいます。離婚裁判の対応を弁護士に依頼すれば、裁判での対応を自分の代わりに行ってくれるので、裁判時のストレスがぐっと少なくなりますよ。

Page Top